スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『検事・霧島三郎』

12/15 月曜ゴールデン 2014年度 143作品目

出演 柳葉敏郎、東幹久、黒谷友香、ゴリ、西郷輝彦、平山祐介、宇野祥平、中村育二、佐藤一平、とむ畑中、水谷妃里、川村亜紀、若山慎

◆あらすじ(TBSより引用)
 霧島三郎(柳葉敏郎)は東京地検の敏腕検事。霧島は恩師である弁護士・竜田耕太郎(西郷輝彦)の娘、恭子(黒谷友香)と婚約している。ある夜、霧島は竜田に連れられクラブを訪れた。竜田の最近の行きつけらしく、ホステスのエリカ(水谷妃里)と親しげに話している。そこへエリカの元夫・小林毅(若山慎)が乱入しエリカに会わせろと騒ぎ出す。霧島と竜田が小林をたしなめるが、エリカはしゃがみ込んで震えたままだった。その数日後、エリカが自宅マンションで死体となって発見された。桑原警部(平山祐介)が駆けつけ捜査を開始する。凶器は包丁と見られ、強盗の可能性もあるという。時を同じくして霧島は恭子から竜田の行方が分からないと相談を受けて、自宅を訪ねた。竜田には持病があり、定期的に服薬しないと命に関わると、医師でもある恭子は不安顔だ。霧島と恭子、竜田の部下で霧島の友人でもある河辺達郎(東幹久)が竜田の行方を案じていると、桑原警部がやってきた。殺されたエリカの部屋に竜田が飲まねばならない薬が落ちていたと桑原警部は語る。桑原は竜田を疑っていることをほのめかす。霧島は公判部長・高橋(中村育二)の要請を受けて、エリカ殺害と竜田失踪事件の捜査に当たることに。霧島とは気心の知れた検察事務官の北原大八(ゴリ)がサポートすることになり霧島は心強い。やがて、エリカはコンサルティング会社社長の溝口慎一郎(佐藤一平)と恋愛関係にあることと、殺される直前まで溝口と一緒にいたことが分かる。事件解決の糸口がつかめない中、小林が死体となって発見された。霧島はエリカが溝口とゼネコンがらみの不正に関する証拠をつかみ竜田に渡そうとしていたのではないかと推理する。だが、その証拠はどこにあるのか。さらに投薬の期限が迫る竜田の行方は・・・?

◆感想
 柳葉主演の新シリーズです。眉間の皺など、すっかり定番になってしまいましたが、あの某シリーズよりは堅物ではありません。ゴリもそこそこ自然に演技出来ていたような気がして良かったかな。東幹久演じる河辺が犯人だというのは、何となくわかりましたね。やはり関わり方や、その時の雰囲気でわかってしまいます。男と男の友情みたいな部分もあり、柳葉演じる霧島も人間的でとても良かったと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Masyuki

Author:Masyuki
42歳。

加齢臭のしない

走れる男であり続けたい。

最近の記事
最近のコメント
記録カウンター
ブログ内検索
リンク
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。